愛知県犬山市の訪問診療は結ファミリークリニック
私たちはいつまでも安心して生活できる社会を目指しています。いかなる疾患を抱えても、いかなる状態になっても、在宅医療を通じて「平穏な暮らし」を続けられるよう皆さまの生活環境をサポートして参ります。

体力の低下や全身衰弱により自宅生活が大変になってきたけれど、「いつまでも住み馴れた場所で暮らしていたい」とお考えでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。
結ファミリークリニックのできること
患者さまと共に
2018年4月11日
「和嚥の会 春の食事会」
4月10日に「和嚥の会」が開かれました。

のみ込む力や噛む力が低下してくると、ムセが多くなり食べられるものが少なくなってきます。病院や高齢者施設では嚥下食といってのみ込みにくさに配慮した食事を出してくれますが、地域の料理店ではそういったものはなく、のみ込みの力が弱い方には外食が敷居の高くなってきます。それに対し、私たちは「和嚥の会(和風の嚥下食を楽しむ会)」をつくり、地域の料理屋で嚥下食を楽しむことができるようにする試みを始めています。

和嚥の会 春の食事会その第1回目として、去る4月10日、私たちの訪問先の療養している方を招いて、和嚥の会による花見会を「和食料理 関西」で開くことができました。この日のために私たちは1年かけて準備しました。

店長の小島様に話を持ち掛け、飲み込みやすそうな料理を和食料理の技術で作っていただき、それを私たちが嚥下障害のある方でも食べられるような料理であるかを吟味するという試食会を重ねました。また、私たちが訪問している療養者の方々にアンケートをとり、嚥下障害があって外食したいができない方を選び、嚥下評価をし、車いすの使用や段差の移動などのADLをしらべました。

和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会

当日は療養者のご家族様に琴を弾いていただき、皆様を招きました。今年は早咲きですでに桜は散ってしまっていましたが、関西の小島さんが粋な計らいで遅咲きの桜を料理に添え、華やかな春の季節を感じることができました。蓋を開けると見た目も美しい料理で、普段飲み込みに苦労されている方も「安心して食べられる」「おいしい」を自然と笑みがこぼれ、談笑しながら暖かい雰囲気の中で食事を楽しむことができました。

和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会

料理長の猿橋さんは春の香りを楽しめるようにと、通常は料理の上に出す塩漬けの桜の花を、楽に食べられるよう花びらだけを摘んでミキサーにかけ寒天で固め花の形にするという手の込んだことをされたそうです。その他にも随所に細やかな配慮が感じられる料理でした。

和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会

嚥下食を地域の料亭や食品業界に広めようとする試みは、京滋摂食嚥下を考える会ですでに始められており、和食だけでなく和菓子、陶器、日本酒にまで広がっております。これから高齢化社会が進むにつれて、食のバリアフリーがさらに求められていくことでしょう。今回の試みから嚥下食への理解が広がり、私たちと同じ志を持った仲間が集まってくることを心待ちにしております。

和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会 和嚥の会 春の食事会

ご協力いただきました和食料理の関西、総合犬山中央病院、ちいきの介護相談室、総合在宅医療クリニック、福祉用具の五月商店の方々に、心から感謝の気持ちと敬意を表します。
院長 鈴木欣宏
>> 日記バックナンバーはこちら
更新履歴
2018/04/11
ゆいまる日記を更新しました。
2018/04/05
ゆいまる日記を更新しました。
2018/03/16
ゆいまる日記を更新しました。
2018/03/15
休日診療のお知らせを追加しました。
2018/03/12
ゆいまる日記を更新しました。
2018/02/26
ゆいまる日記を更新しました。
2018/02/11
ゆいまる日記を更新しました。
2018/01/31
ゆいまる日記を更新しました。
2018/01/29
ゆいまる日記を更新しました。
2018/01/25
ゆいまる日記を更新しました。
2018/01/16
患者さまやご家族さまの声を追加しました。
>> 今までの更新履歴はこちら
犬山市周辺の訪問診療へのお問い合わせ
ゆいまる日記
求人のご案内です